<被災地のいま>(1)仮設住宅/寂しいけれど仕方ない

Die Einsamkeit der alten Frauen, die allein in den temporären Wohnsiedlungen zurückbleiben, weil sie die Miete in den neu errichteten Sozialwohnungen nicht bezahlen können oder auch, weil sie im Losverfahren nicht berücksichtigt wurden, ist ein weiteres großes Problem der Bewältigung der Katastrophe. Die Jungen ziehen weg, um dort zu wohnen, wo sie Arbeit gefunden haben und haben keine Zeit die zurückgelassenen zu besuchen. Ein Beispiel aus Iwanuma, in der Nähe Sendais.

<被災地のいま>(1)仮設住宅/寂しいけれど仕方ない

仮設住宅で1人で暮らす女性。周りは次々と退去が進み、孤独感が募る=岩沼市

 東日本大震災の発生から間もなく4年。津波や東京電力福島第1原発事故で打撃を受けた東北の被災地は、今も復興の途上にある。住宅再建や市街地再生にとどまらず、産業振興、風評克服など直面する課題はいずれも深刻だ。あえぎ、揺れ続ける各地の姿を追った。(8回続き)

部屋は静まり返っていた。ベッド脇の食卓には、体調を管理する薬が大量に置かれている。
「話す相手がいない。寂しいけれど仕方ないね」。岩沼市のプレハブ仮設住宅で、1人暮らしの女性(80)が窓の外に目をやる。
仮設団地に住んでいた友人は集団移転で引っ越した。以来、遊びに来てくれることはなくなった。息子やヘルパー以外、最近は訪れる人も少ない。
市沿岸部の自宅は津波で流失し、夫は帰らぬ人になった。同居していた息子家族は、勤務先が用意した市内のアパートに移った。
女性は昨年部屋で転倒し、1カ月以上入院した。歩くのが困難になり、デイサービスの日以外は部屋に閉じこもる。
いつ仮設を出られるのか、分からない。今後のことは息子に任せているが、自宅再建の余力は乏しい。家賃が気掛かりで、災害公営住宅への入居も決断できない。「1人でいると悪いことばかり考えてしまう」

「復興のトップランナー」とも言われる岩沼市。海岸から約3キロ内陸に集団移転団地「玉浦西」が造成され、住宅建設が進む。5月には全ての災害公営住宅が入居可能になる見通しだ。
市内に計384戸あるプレハブ仮設では既に130世帯以上が退去した。5月末には大半が空き室になる見込みだが、12世帯は自立のめどが立たない。「住む場所に迷っている」「家の建設資金が調わない」などが理由という。
みなし仮設でも、約100世帯のうち21世帯の退去時期が定まらない。20世帯は市の調査に回答すらしていない。「今後の予定を聞こうと電話しただけで『早く出ていけって言うのか』と怒鳴られることもある」。市担当者は対応の難しさを明かす。

仮設の入居期間について、宮城県は移住環境が整った自治体は原則5年までとする。岩沼の場合、2016年4月末にも期限を迎える。要件を満たせば世帯ごとに延長できるが、適用は限定的とみられる。
家の建設が遅れている市内の男性(64)は「それぞれ事情があるし、財布の中身も違う。ついのすみかを決めるには時間がかかる」と訴える。
空き室の増加は、被災者のコミュニティー喪失を意味する。市は残る世帯の早期自立を促しつつ、孤立防止に向けた見守りを続ける方針だ。(岩沼支局・成田浩二)

Advertisements