2. Problem beim Wiederaufbau – Sozialer Wohnungsbau

In Rikuzentakata ist ein Gebäudekomplex bestehend aus 3 acht – und drei 9 geschossigen Apartmenthäusern mit 301 Sozialwohnungen. Wahrscheinlich werden davon 206 bezogen, ca. 25% werden allein lebende ältere Personen sein. 95 Wohnungen werden leerstehen. Die Vereinsamung ist vorprogrammiert.
Ein weiteres Problem ist, dass die Feuerwehr bisher nur Leitern für 15 Meter

hohe Gebäude besitzt (5 stöckige Gebäude). Diese Gebäude sind doppelt so hoch. Die Leitern müssen beschafft werden und die Feuerwehr muss geschult werden.

岩手

<災害公営住宅>コミュニティーづくり模索

2016年08月01日 月曜日
岩手県内最大の災害公営住宅「県営栃ケ沢アパート」

 岩手県陸前高田市で1日、県内最大の災害公営住宅「県営栃ケ沢アパート」の入居が始まる。9階建てと8階建ての2棟で、市全体の3割以上を占める計301戸を整備した。だが、持ち家が中心の市民に高層集合住宅はなじみが薄く、新たなコミュニティーづくりや防災対策が課題となっている。
アパートは高台の市役所仮庁舎近くに立地する。県大船渡土木センターによると、現段階の入居見込みは206世帯。このうち、1人暮らしの高齢者は24.8%に及ぶ。加えて入居者は市内各地から集まるとみられる。
高齢者らの相談に応じる陸前高田市地域包括支援センターの担当者は「都市型の住まいに慣れていたはずの神戸市でも、阪神大震災後に孤独死が出た。嫌になってストレスをためたり引きこもったりしないか」と心配する。
県営のため、住民サービスを担う市に入居者の詳しい情報が入らず、ケアの支障になりかねない。
県は市などと協議し、同意を得た入居世帯全員の氏名と性別、年齢の個人情報を、市や市社協、民生委員に提供することを決めた。
管理人や行政区長、班長の選任、自治会設立、入居者間交流といった課題にも連携して対応する。県大船渡地域振興センター復興推進課の米内敏明課長は「規模が大きく、コミュニティーづくりに危機感を持っている。住民の合意形成を大切に進めたい」と話す。
防災面でも懸念材料がある。東日本大震災前に中高層建物が少なかった市には消防のはしご車がない。栃ケ沢アパートをはじめ、7階以上の災害公営住宅が相次いで建ち、高さ15メートル以上の建物は9棟に増えた。
はしご車の整備については消防庁の指針でおおむね10棟を目安としているが、維持管理を含めた財源や職員態勢の問題もある。
市消防本部によると、災害公営住宅の部屋壁は鉄筋で隣室の延焼を防げるといい、玄関側とベランダ側からそれぞれ水平方向に避難しやすい構造になっている。同本部の担当者は「はしご車がなくても消防隊が支障なく上階に向かえる」と説明。今後は防火講習会を開き、入居者の不安解消に努める。

http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160801_33005.html

Werbeanzeigen

検証変貌するまち>読めぬ集客 出店迷う

左手の山裾に建つ災害公営住宅前のかさ上げ地が新たな市街地になる=2月10日、陸前高田市

◎(上)未来図への不安

東日本大震災の津波で壊滅した陸前高田市中心部の高田地区に、海抜12メートルにかさ上げされた約100ヘクタールの大地が誕生する。
ことし市街地区域で商業施設の集積が始まるが、住宅の整備はまだ数年かかる。新しい街にどれだけの住民が戻るのか。予測ははっきりせず、商業者は出店すべきか悩む。
先行する26ヘクタールの新市街地で今夏、大型商業施設が着工する。周辺に商店街、さらに周縁には住宅地。公共施設やJR大船渡線バス高速輸送システム(BRT)の陸前高田駅を設ける。市が描く未来図だ。

<投資見合わず>
市が貸す商店街用地の地代は被災事業者なら1平方メートル当たり年311~340円と格安だ。仮設店舗の集積を狙うが、1月末に締め切った借地申請は29事業所にとどまった。
地元商工会が2014年に実施した調査で、中心市街地での再開希望は118事業者に上っていた。市商工観光課は「スタート時としては想定内の数字」と受け止めるが、先行きは見えない。
仮設商店街でカフェを営む太田明成さん(49)は大型店へのテナント入居を考えた。だが家賃と共益費が震災前の倍となる月20万円と分かり、諦めた。
新店舗建設の見積もりでは自己負担が1500万円を超えた。「月の売り上げを30万円増やさないといけないが、投資に見合うだけの集客があるのか。借金を返すための出店にならないか」。自問を繰り返す。
仮設を限りに廃業を決めた人もいる。布団店経営の菅野幾夫さん(66)は「年も年だし、後継者もいない。潮時だ」と創業140年の老舗を畳むつもりだ。
高田地区の土地区画整理事業の計画戸数は震災前と同規模の1560。対照的に市が15年6月、仮設住民を対象にした住宅再建意向調査で、地区内の高台やかさ上げ地を希望したのは230世帯(15年9月集計)にとどまる。しかも家を建てられるのは17年度以降だ。
既に地区内の災害公営住宅に住む人は調査対象に入っていない。実際の居住世帯はこれより増えるとみられるが、市も実数をつかみきれていない。

<生活の場分散>
数年間は近隣住民がほとんどいない。地域経済を支える復興作業員は減っていく。病院や学校は高台に移り、生活の場が分散する。市街地には買い物や飲食の機能しかない。そんな街の姿が出店意欲を鈍らせる。
「またシャッター街をつくるのか、と言う人もいる。でも、誰かに設けてもらった街で愚痴を言いながら商売したいか。考えに考え、自分たちの手で魅力ある街を実現しよう」
地元商工会の中心市街地企画委員長の磐井正篤さん(59)は勉強会の度にげきを飛ばす。商店街に和雑貨店を出すが、もちろん不安だ。
「人工的に街を築く壮大な実験。でも、身の丈より少し背伸びした街にしたい」。今は笑って前へ歩くしかないと覚悟を呼び掛ける。(太楽裕克)

津波被害を防ぐため、まちが変わる。巨大事業が進む中、被災者は暮らしや日々の営みで厳しい選択を迫られた。復興まちづくりで生じた課題を追う。
2面に関連記事、

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201603/20160306_33006.html

Kinder in Tohoku, fast 5 Jahre nach dem Tsunami

Wie geht es den Kindern in den zerstörten Gebieten? Haben sie die Erinnerungen an den Tsunami und den Verlust von nahe stehenden Verwandten und Freunden verarbeitet? Wie verläuft der Alltag in den vorübergehenden Gebäuden der Ersatzschule und das Leben im Container. Es gibt keinen Platz, in Ruhe Schularbeiten zu machen.

【東北の子ども達へ、あなたができること】
津波で家を流され、学ぶ場を失った子ども達が、被災地には残されています。
東北の子ども達のために、一人ひとりができること、考えてみませんか?

Disaster-hit Fukushima town to design reconstruction hub

The town of Okuma in Fukushima Prefecture, which houses the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant and where the majority of residential areas have been designated as „difficult-to-return zones,“ is designing a new sub-town in the form of a reconstruction hub, which will be located in residential zones with comparatively low radiation levels.

It is envisioned that the new zone will encompass a total area of around 40 hectares — around 0.5 percent of the town as a whole — and will house some 3,000 residents.

The Okuma town mayoral race, during which the need for the new residential area should by all accounts be raised as an issue to be questioned, was announced on Nov. 5. There are no likely candidates, however, other than sitting incumbent Toshitsuna Watanabe.

Even Watanabe himself has said, „I had actually hoped to retire and pass along the job to someone younger“ — a statement belying his true feelings, which only goes to show how fraught with difficulties the road ahead truly is.

„I plan to take on the task of implementing local development so that residents can feel their hometown is moving toward recovery one step at a time,“ commented Watanabe, 68, who is seeking a third term in office, in his first campaign speech on the morning of Nov. 5 in the Fukushima prefectural city of Aizuwakamatsu, which is located some 100 kilometers west of Okuma.

A temporary building for the Okuma town government has been set up in Aizuwakamatsu, where around 1,500 Okuma residents are additionally living in temporary housing facilities.

Okuma’s population stood at 10,778 as of the end of October, with 23 percent of the town’s residents having evacuated outside of Fukushima Prefecture — mostly within the Kanto region.

The designated „difficult-to-return zones“ — whose prospects for residents ever being able to go back are unclear — comprise some 62 percent of the town’s total area, and around 96 percent of its residential districts.

In September of last year, the town agreed to be one of the locations to host temporary storage for radioactively contaminated soil and other materials resulting from radiation decontamination work — with the area targeted for the facility covering around one-third of the town’s residential area.

Even so, some residents — the majority of them elderly individuals — insist that they wish to return to Okuma. It was within this context that the town government announced plans in March of this year to construct the new, smaller town in Okuma’s residential Ogawara district, which is designated as a restricted residence area where decontamination work has been carried out for residents to return within a few years.

New facilities are targeted to be built within an agricultural area of around 40 hectares in the new zone, including office buildings and research centers for the nuclear reactor decommissioning projects, as well as disaster recovery public housing for local residents.

The plan envisages around 2,000 reactor decommissioning workers living in the area in three years‘ time, along with some 1,000 Okuma locals, mainly elderly residents, returning to the town.

While the town government had at one time considered constructing a local elderly care facility, this plan was rejected due to the likelihood that not enough employees could be recruited to work there.

In addition, the town has no plans to rebuild elementary or junior high schools, with few parents bringing their children back to live in the town due to fears regarding the effects of radiation.

„Those who return here will likely be elderly individuals living on their own,“ commented a high-ranking town official. „For such people who have the desire to live here, we wanted to give them hope.“

Watanabe began telling others last autumn that he planned to retire as mayor, saying that his „back pain makes it difficult to work.“

Every town assembly member that he approached as a possible successor, however, declined — citing the numerous problems with local administration that made the job appear too daunting. Eventually, Watanabe was convinced to change his mind about retiring.

When he announced his candidacy at the beginning of October, with less than one month left before the deadline to do so, he let slip the comment that „things really aren’t seeming to go my way.“

A man in his 60s who is living in temporary housing in Aizuwakamatsu said, „Plans need to be put into place so that people who wish to return home may do so.“

He added apprehensively, however, „I wonder if a town that has no children and only elderly residents can actually work.“

November 05, 2015 (Mainichi Japan)

被災地負担、反対相次ぐ 復興相、首長らと会談 復興予算

2015年4月12日05時00分

 東日本大震災復興予算をめぐり、竹下亘復興相は11日、被災した岩手県市町村長らと会談した。2016年度以降は被災地側の一部負担を検討する考えを伝えたが、自治体側からは反対意見が相次いだ。復興相は近く宮城、福島両県も訪れるが、復興予算の枠組みが固まる6月までせめぎ合いが続きそうだ。

岩手県釜石市ログイン前の続きで開かれた会合には、竹下復興相や小泉進次郎復興政務官らが出席し、被災地からは野田武則・釜石市長ら13市町村の首長らが参加した。

冒頭、竹下復興相は「復興の基幹事業は引き続き国費で対応していく」とあいさつ。その後、約2時間の会談は非公開だった。終了後、野田市長は「(国から)一部地方負担を検討しなければならないという発言もあった」と明らかにした。復興予算を国が全額負担する集中復興期間を今年度で終え、16年度以降は復興予算の枠組みを見直す考えを示されたという。

岩手県幹部によると、竹下復興相は「復興に使うお金は、国民からいただいた税金ということをおさえていただかなければ」と語ったという。

被災地側は、復興予算の地元負担に反対する姿勢を示した。大槌町の大水敏弘副町長は「市町村ごとに被害と復興の度合いが違う。資材や作業員の確保が難しい事情もくんでほしい」と訴えたという。

町では市街地のかさ上げ工事が始まったばかり。会談後、大水副町長は「町は重傷を負ってリハビリ中の段階。人口1万人の町が政令指定市並みの額の大事業を進めており、国に支援してほしい」と述べた。

戸羽太・陸前高田市長も「財政や復興状況をみて議論してもらわないと困る」と話した。市は今年度、市街地かさ上げと高台造成工事に約300億円を充てる。震災前の予算の2・7倍の規模だ。「社会教育施設や市役所も建てないといけない」とも語った。

市町村が懸念するのは厳しい財政状況だ。財政力指数は、震災前の10年度でも大槌町が0・31、陸前高田市が0・27と、全国平均の0・53を下回っていた。

会談では被災地側で負担する具体的な内容について説明がなかったという。終了後、竹下復興相は報道陣に「地方負担について共通の認識はできた」と話した。岩手県の中村一郎復興局長は「被災自治体は、自分の財布が痛まないから何でも国にやってもらったらいいという思いでは決してない」と語った。

(竹山栄太郎、斎藤徹、田渕紫織)

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11700665.html?rm=150

Fighting to recover from the ocean’s wrath

BY

SPECIAL TO THE JAPAN TIMES

On April 11, Wataru Takeshita, the minister for reconstruction of the areas most seriously affected by the Great East Japan Earthquake, met in Kamaishi with local government representatives to discuss the budget for Iwate Prefecture. After the meeting, the mayor of Kamaishi spoke to the press and said Takeshita told them the central government would continue paying for reconstruction work through next year, but after that he expected the prefecture and municipalities to cover part of the burden themselves.

“Please understand that the money we spend on reconstruction is from taxes levied on people nationwide,” Takeshita reportedly said during the meeting, which was closed to the media.

According to an article in the Asahi Shimbun, the local governments in attendance rejected the minister’s remarks, mainly because he neglected to go into detail about how much of a burden he was talking about and what sorts of things they would be paying for. The mayor of the city of Rikuzentakata seemed offended by the government attitude.

“They must discuss our financial situation and the reconstruction process,” he told an Asahi reporter. “Otherwise, we can’t envision a future for ourselves.”

Rikuzentakata is currently spending ¥30 billion to elevate levees and prepare higher ground for new residential housing, an amount equivalent to 2.7 times its whole annual budget. “And we still have to build schools and a new city hall,” he added.

Takeshita seemed oblivious to the resistance. He told reporters that he and the local governments “came to a common understanding” regarding division of reconstruction costs. A prefectural representative tried to point out that the municipalities weren’t saying “the central government should pay for everything and we pay nothing,” only that there had been no substantive discussion about what would happen after the current reconstruction budget expired in 2016.

As the Asahi presented the story, it read like a classic instance of official condescension, but the situation is more complicated. The report implies that the local governments formed a united front, but as the vice mayor of the town of Otsuchi said, the degree of damage suffered and the amount of reconstruction required differs from one place to another. By treating all the local governments the same way, the agency effectively demonstrates a lack of imagination and coordination, while the media gives the impression that money is the only issue.

Otsuchi, in fact, is the subject of a new documentary by Haruko Konishicalled “Akahama Rock’n Roll.” Akahama is the district closest to the sea and the one that contains the town’s fishing industry. One-10th of Akahama’s residents died in the 2011 tsunami or remain missing. The central subject of the film is the surviving residents’ objections to the central government’s plan to build a 14.5-meter-high seawall along the edge of the community. The rest of the town approved the seawall, or, at least, didn’t object to it.

The budget for construction was set in January 2012, when the town’s residents were still in shock from the disaster and hadn’t had time to think over the plans carefully. Since then, the people of Akahama decided that a better idea would be to move homes in the district to higher ground. The seawall, they contend, causes more problems than it solves. The tsunami, after all, was 22 meters high, so 14.5 meters may not do any good, but in any case, the fishermen of Akahama need to have constant visual contact with the ocean, and not just for the sake of their livelihoods. One reason so many people died in the tsunami was that they didn’t see it coming, since there was already a seawall blocking their line of sight, and that one was only 6.5 meters high.

Akahama is too small to attract the interest of the mass media, but Konishi managed to enlist one powerful supporter: Akie Abe, the wife of Prime Minister Shinzo Abe. At the U.N. Disaster Prevention Conference in Sendai in March, she raised the matter of the seawall during an awards ceremony, saying that if you have to destroy the environment in order to safeguard a community from the forces of nature, then something is wrong. Since then, the movie and Akahama have been featured in a number of newspaper articles.

Konishi divides her footage between two principals: Tsutomu Abe (no relation to the prime minister), a fisherman who went back to work a few days after the tsunami, even though it killed his father, and Hiromi Kawaguchi, chairman of the Akahama Reconstruction Committee, who spearheads the local resistance to the seawall. This dual narrative approach toggles between the political aspects of the issue and the less concrete cultural ones.

Abe the fisherman represents the community’s soul, a man whose close relationship with the sea is primal. The tsunami was a tragedy, but, as he says over and over, you can’t fight nature.

“As long as our lives are connected to the ocean,” his mother says, “we have to be here.” And what’s the point of being here if you can’t see the water? When your life is dependent on the sea, you make peace with it as best you can.

People, however, are another matter, and it’s Kawaguchi’s job to fight the powers that try to tell him and those he represents what is best for them. Once the bureaucracy has a notion in its head, it’s difficult to change, and his fellow committee members, worn down by the subtle but relentless force of authority, seem willing to compromise, but Kawaguchi isn’t.

“Life comes from the sea,” he says. “And keeping the sea separate from us destroys life.”

If Konishi’s purpose is to show how a community’s desires should not be discounted even if those desires place it at risk, her movie acutely points out how specific needs can’t be summarily dismissed by logic or taken care of by charity.

“I’m not interested in people’s sympathy,” says Abe as he shucks oysters. “I just want to sell my products.”

Interview mit dem Bürgermeister von Otsuchi: Ikarigawa-san

岩手県上閉伊郡大槌町長 碇川豊さん

地震と津波の大きな被害を受けた岩手県上閉伊郡大槌町の町長をしていらっしゃる碇川豊町長にインタビューをしてきました。町長の復興への熱い想いを語っていただきました。2015.03.09

IMGP0215

Interview for 3.11 vol.3岩手県上閉伊郡大槌町の現町長、碇川豊さん。2011年に東日本大震災が起こったのち、8月に大槌町長となり現在に至る。著書に『希望の大槌 逆境から発想する町』(2013年3月 明石書店)がある。

町長としての4年間

―本日はよろしくお願いします。早速ですが、まず震災当時の大槌町の状況についてお聞かせください。

東日本大震災の直後は、まさに空襲を受けた焼け野原のような景色が広がっていました。
その中で、ゼロからまちづくりをして行くというのは、想像するのも大変な状況でした。本当にこのような状況から復興できるかどうか、不安に感じていた部分も大きかったです。でも、やっていかなきゃならないことがある。絶望の淵におとされたような、再び立ち上がることさえも難しい状況でした。人口の約1割にものぼる多くの住民が亡くなり、復興の担い手である職員も大勢亡くなりました。。
いま思うとあの状況の中で町長になろうと思ったこと自体が、無謀までとはいかないけれども、大きな決断をしたなと思います。

―「町長になろうと思った」とおっしゃいましたが、あの災害から5か月後に、碇川さんは町長選挙に立候補されています。震災後、大きなプレッシャーを受けることが予想される中で、立候補を後押ししたものは何だったのでしょうか?

私は町長になるための選挙が行われるまでの数か月間、いかにして復興を遂げるか悶々として考えていました。その中で、「この復興は行政が一方的に押し付けてはだめだ」と気づきました。「住民主体のまちづくりをしていかないと、この町は無くなるぞ」という思いでした。明治29年、昭和8年、昭和35年、そして今回。明治29年、昭和8年、昭和35年、そして今回。この4回の大震災津波を踏まえて、そこに住んでいた人、またこれから住み続ける地域の人たち自身が、復興を考えることが一番重要だろうと思ったのです。
したがって私は町長に就任してすぐ、『住民主体のまちづくり条例』を議会に提案し、可決したことの趣旨通りに復興を始めました。まずは、復興協議会というものを地域ごとに計10個立ち上げて、震災後の10月に全体会を開きました。そこで「地域ごとの復興計画をできるだけ早めに作ってください」とお願いしました。
震災で前町長がなくなり、トップ不在の期間が長かった大槌はその時点で他市町村に後れを取っていました。一刻も早く復興計画が必要でありながらも、町の将来を決める、とても大きくて重要な計画、しかも行政ではなく住民達が自ら作るものですから、平時であれば、一か月やそこらでできるものではありません。
しかし、この時は、年内に復興計画を完成できるという気持ちが強くありました。それは昔から大槌の集落に根付き、住民の間で育まれてきた「結(ゆい)」の精神、つまりは助け合い団結する気持ちのこと、私はそれに賭けたのでした。
そして期待通り、12月10日頃にそれぞれの集落から復興計画があがってきたのです。そして12月26日に大槌町復興計画が議会で成立しました。
あの状況において行政が先頭に出ていくのではなく、震災前から大槌にある東京大学大気海洋研究所の先生方にお手伝いを頂きながら、住民から上がってくる復興への計画を調整してもらったことが、功を奏したのかなと思っています。

写真② (2)

―では、復興計画を策定してから4年を迎えるにあたり、町長が現在の復興状況について感じることを教えてください。

大槌町は平成23年度から30年度までの8か年の復興計画を建てています。したがって今は、折り返しの時点にきていることになります。
復興状況について感じることは、水平線をゆっくり進む船のようなものだということです。
毎日この復興状況を見ている人から見ると、なかなか進んでいることがわからない。でも目を少しそらしてからその船を見ると、動いていることがわかるように、町外から来る人にとっては復興が進んでいるのが解る。そんな感じなのかなと思います。

―町長は40年以上も大槌町職員を務め、大槌の良さや魅力を今までもたくさん見てきていると思います。その中でも特に、町長の4年間を振り返って感じること、考えることはありますか?

復興を通じ、地元を思う住民のパワーや、住民の結束力が向上したことを誇りに思います。
震災以前は町の総合計画を作るような時に、懇談会を開いても参加率は高くありませんでした。しかし、震災の影響もあって、自分たちの町をこうしたい、ああしたいという懇談を何十回もやっている中で、今まで、参加しなかったり、発言しなかったりした人も参加するようになりました。今まで、我々は外の地域との交流を積極的には行っていませんでした。
しかし、震災後に多くの支援者、ボランティア、学生、外国人など、これまでにないくらい様々な人と交流を深める機会が増えました。
そのなかで、自治体だけでなく、町民の視野も広くなったように感じています。

大槌の魅力を広め、これからも忘れないために

-町長は、40年以上大槌町の職員を務めておられ、まさに大槌の町に捧げてきたといえると思います。それは、大槌町の魅力が町長を惹きつけているのではないかとも考えたのですが、大槌の魅力、地域の強みはどのようなところだと思いますか?

日本全国そうだけど、特に自然の景観が美しい街だなあと感じます。
それに大槌町には郷土芸能団体が19団体あります。神楽であったり、虎舞であったり、獅子踊りであったり、七福神であったり、さまざまな団体が現在も活動しています。
こんな小さな町で、こんなにも多くの郷土芸能がある町ってなかなかないですよね。
歴史的にも古い土地で、香り高い文化のある町だと思います。人情味があり、心の優しい人がたくさんいる、そんな町ではないかなと感じます。

ワードプレス用

―震災直後から今まで、大槌町を含め被災地域で活動しているボランティアがたくさんいます。
ボランティアの活動を見て、どのように思いますか?また、4年が経過する今、ボランティアに行く意味があるのかという声もあります。
町長はどのように考えますか?

震災当時も今も心から感謝の気持ちでいっぱいです。
震災直後からの復旧期には全国からたくさんの方々が駆けつけて下さり、本当に助かりました。一方で、震災後3年4年と過ぎてくる中で、ボランティアも減り、震災が風化し始めているのは当然のことだと思います。
復旧期にはガレキ処理や泥の片づけなどマンパワーが必要な作業が多く、始めはボランティアに頼る部分もかなりありました。
でも今は、作業として業者の担う大きい工事が進められている状況にあります。
橋や道路を作る仕事などは、当然ボランティアじゃできません。そのかわり、復興のソフト面ともいえる住民の心のケア、例えば、応急仮設住宅の暮らしが長い皆さんを勇気づけるような存在、心の拠り所となり、被災地を励ます役割を担ってもらえるのではないかと思います。
私はいつも、「私たちはいつも大槌にいるので、来てくれるだけでありがたいです。」という話をします。そして大槌で買い物をして、ご飯を食べて、励ましてくれる、それだけでいいのです。大槌に来て感じた魅力についてほかの人へ発信してもらえれば、さらに嬉しいことです。
そして、例えば手紙などで交流が続くような大槌との繋がりを持っていただき、リピーターとなって足を運んで、長い目で復興を見守ってもらえたらありがたいですね。

―では最後に、現役の大学生や高校生に向けてのメッセ―ジをお願いします。

被災地を訪れたことのない学生は、一度来てみるべきだと感じています。
大槌は全人口の一割の方が亡くなり、いま、ゼロからのまちづくりをしています。多くの学生は、これから人生の中で、楽しいことだけでなく、様々な苦しみ悲しみにも遭遇するでしょう。
今、現実にこれほどの苦しみや悲しみに遭いながらも、再び立ち上がろうとするこの町の様子を目にし、ここに生きる人々の決意や明るさに触れることによって、視野が少し変わったり、自分を少し成長させることができたりするのではないかと思います。

http://youthfor311.com/interview-for-3-11-vol-3/