Prof. Imamura rät, Überschwemmungsgebiete für Tsunami einzuplanen -防潮堤計画へ新たな疑問浮上「東北大の苦言」

防潮堤計画へ新たな疑問浮上「東北大の苦言」

東北大学災害科学研究所が26年6月に発行した報告書「東日本大震災から見えてきたこと」で、興味深い記述を見つけました。中央防災会議が示した津波対策の指針に対して課題を提起した上で、「堤防の高さは柔軟に考えて、効率的な減災を図ることが必要」と指摘しているのです。さらに、粘り強い防潮堤の減災効果まで疑問視しています。津波対策に力を入れてきた東北大学は、宮城県や被災自治体へ影響力が大きいので、こうした思い切った研究報告に、私はかなり驚いています。

津波工学で有名な今村文彦さんが所長を務める災害科学研究所は、震災を契機に新設されました。この報告書は、来年3月に仙台市で開かれる国連防災世界会議に向けて制作したそうです。震災の教訓を、世界各国に生かしてもらうことが目的です。災害リスク軽減、効果的な対応のための研究成果を報告しています。

この報告の一つに、「2011年巨大津波による海岸堤防の破壊と復興」というテーマがあります。中央防災会議が示した津波をレベル1(避難度の高い津波)とレベル2(頻度の低い最大津波)に分けて対策をとる方針を説明しながら、「国費による防災事業は、災害の種別や地域に寄らず、公平で均衡が取れていること、さらに予算が効率的に使われることが大前提となる」とし、複数の問題点を挙げています。

国の指針を受け、宮城県は施設で守るべき津波の防御水準をレベル1津波の上限である約150年に設定したたことには、「後背地の人口や資産の蓄積を考えた場合に、治水事業に比べて過大防御である」と言及。その一方で、早急な方針提示が必要だったことに理解を示し、「現在は、堤防の高さに対して住民の多様な意見があり、それを検討する時間的な余裕もあることから、堤防の高さは柔軟に考えて、効率的な減災を図ることが必要である」とまとめています。

東北大学の研究報告書2014.6_page001越流した津波から壊れにくくする「粘り強い海岸堤防」については、再現期間が1000年の津波に対して減災することになるため、「さらに吟味が必要である」と厳しい見方をしています。仙台平野において、津波が越流しても堤防が壊れずに残った場合の減災効果を研究した結果、津波を2分ほど遅くさせる効果はあるものの、「堤防が残存することにより、多くの場所で浸水深が増加する」というのです。さらに、レベル1津波とレベル2津波の差が大きい三陸海岸は、「堤防残存による減災効果はより小さくなる」とし、「中央防災会議専門委員会が期待した、粘り強い海岸堤防による減災効果は実現できない」と言い切ったのです。最後には、レベル2津波の減災効果を狙った堤防整備を国費で行うことに対し、「目的達成、防御水準、維持管理のいずれの面からも課題が多く、抜本的な見直しが必要である」と記述しています。

このレポートは、東北大学大学院の田島芳満准教授らが25年に公表した論文「越流を伴う巨大津波に対する海岸堤防の減災機能の検証」が元になっています。この論文では、山がちな沿岸部では「越流を許すような巨大津波が来襲した場合の減災効果はあまり期待できないため、粘り強さよりも堤防高を少しでも高くすることが優先させるべきである」と指摘しています。海岸堤防によって引き波時の排水が阻害され、浸水域が拡大する可能性も問題視し、「排水機能を損なわない海岸堤防の整備・開発が重要である」とまとめていました。条件によっては高い減災効果が得られることも説明しています。

私の見解を述べます。

東日本大震災の被災地はすでにレベル2津波の被害を受けており、それよりも小さいレベル1津波の浸水想定域にはほとんど家は残っていません。それでもレベル1津波に対応した堤防を造るのは、これから再建していく施設を100年前後の間隔で発生する大津波から守るためです。災害危険区域に指定されて今後も民家は建つ見込みがなく、レベル1津波の浸水域に守るべきものが少ない地域では、レベル2津波に対する減災効果を期待して話し合いが進められてきました。当然、レベル2津波でも壊れないということを信じての話し合いでした。もし、東北大の報告書にあるように、「(期待通りの)減災効果は実現できない」どころか、残った堤防が浸水域を拡大させるのならば、話し合いの前提が覆ってしまいます。実は、国内外から注目された小泉海岸は、堤防の位置をセットバックするとレベル2津波による被害拡大が心配されたことも一因となって、県の計画案を地元が受け入れました。工事入札が公告され、「計画変更は不可能」と判断していましたが、前提が異なるのなら違くなります。大谷、内湾などもレベル2津波と災害危険区域拡大の影響を懸念しながら話し合いが行われました。いろいろ気持ちを整理しながら防潮堤問題と向き合ってきましたが、もう一度、考えを整理し直さなければならなくなりました。週明けに確認を急ぎます。

German woman encourages youth exchange through support of tsunami-hit Sanriku region

German woman encourages youth exchange through support of tsunami-hit Sanriku region

Gesa Neuert, organizer of a German-Japanese summer school. (Mainichi)
Gesa Neuert, organizer of a German-Japanese summer school. (Mainichi)

What began as a training session in Tokyo some 30 years ago has turned into a lifelong connection to Japan for one German mother of four.

In 1984, Gesa Neuert, who was then doing research on metabolic physiology at a university in Germany, took part in a training session at the University of Tokyo. She became fascinated with the people and culture of Japan, and became involved in Japanese-German exchange programs. Since 2003, when Neuert became the deputy chairman of the Association of German-Japanese Societies, she has organized homestays for over 800 young people from both countries.

Following the 2011 Great East Japan Earthquake and tsunami, the German-Japanese Synergy Forum (DJSF) was established to encourage exchange between young people of both countries while supporting recovery in the disaster-hit areas, and Neuert became the organization’s president. The following year, it held its first DSJF Sanriku Fukkou Summer School session, in which students from both Japan and Germany got together and visited areas that were devastated by the 2011 disaster to learn how communities were rebuilding.

In March this year, as Neuert was preparing for DJSF’s second summer school session, she was diagnosed with breast cancer. She had surgery to remove the malignant lesions and underwent drug therapy. Initially, doctors had told her that treatment would last until early September. Her treatment period was cut back, however, when Neuert insisted that she had to run summer school.

When Neuert first arrived in Japan for this year’s three-week session in September, she was unwell due to the side effects of the drugs she’d been taking. But she couldn’t help but be moved by a traditional shishi (deer) dance performance at a Shinto shrine in Otsuchi, Iwate Prefecture that to her was evidence of the people starting to get their beloved hometowns back. In Kesennuma, Miyagi Prefecture, meanwhile, she expressed misgivings about government plans to build a massive concrete seawall, saying, „Concrete will not bring back the landscape and lives that have been lost.“

Running the summer school is not easy. But Neuert believes exchange between youths is indispensable for the future of both Japan and Germany. For now, though, she will focus on regaining her strength, so that she can come back again next year.

ひと:ゲーザ・ノイエルトさん=被災地で日独学生の交流を図る

毎日新聞 2014年10月10日 東京朝刊

ゲーザ・ノイエルトさん=中西啓介撮影
ゲーザ・ノイエルトさん=中西啓介撮影
 http://mainichi.jp/shimen/news/20141010ddm008070124000c.html

 ◇ゲーザ・ノイエルト(Gesa Neuert)さん(58)

約3週間に及ぶ「第2回独日三陸復興サマー・スクール」を企画し、9月に日独の学生らと東日本大震災の被災地を訪ねて復興の現状を学んだ。 ドイツの大学で代謝生理学の研究をしていた1984年、東京大での実習に参加。日本の人と文化に魅了され交流活動に携わるようになった。独日連合協会の副会長だった2003年から、800人以上の若者を両国にホームステイさせた。

11年3月の東日本大震災後、両国の若者が交流しながら被災地の復興を支援しようという社団法人「独日三陸復興シナジーフォーラム」が設立されると、代表に就いた。翌年には初のサマースクールを開催した。

今回の計画を練っていた今年3月、突然乳がんと診断された。手術で病巣は切除したが、抗がん剤治療は続く。最初、治療は9月初めまでと医師に告げられたが「スクールが開けなくなる」と抵抗し、期間を短縮した。

来日後、副作用で手足がむくむなど、体調はすぐれなかった。だが、岩手県大槌町の神社で見た鹿子(しし)踊りには胸が熱くなった。「失ったふるさとを取り戻しつつある」。一方、宮城県気仙沼市で進む巨大防潮堤計画に疑問がわいた。「コンクリートで一度失われた景観や暮らしは戻って来ない」

議論方法の違いなど、運営には難しい面もある。だが、若者の交流は両国の未来に欠かせない資源だ。「絶対に来年も戻ってくる」。病を治し、体力を取り戻すことが、今の自分の闘いだ。<文と写真・中西啓介>

==============

■人物略歴

ドイツ北西部ノルトライン・ウェストファーレン州出身。経験30年の日独交流専門家。4人娘の母でもある。

Einladung zur Teilnahme: Symposium „Sanriku Fukkou“ am 5. 9. in Yoyogi, NYC und am 6.9. im Goethe Institut in Akasaka

 

 

Flyer Goethe

9月5日(代々木オリンピックセンター)9月6日(赤坂ドイツ文化会館)にて開催の「第二回三陸復興シンポジウム」にて、世界中で注目されている防潮堤問題、海と生きるふるさとの人々、海外の生徒達と被災地の小学生達と行った「海と生きる」交換ワークショップなどから得た、持続可能な災害復興と安全で豊かな未来のあり方について、国際的視点から意見を発表します。

入場無料、予約不要、発表は日本語英語ドイツ語に通訳ですので、みなさまお誘い合わせの上、ぜひご意見をお伝えにいらしてみてください。(大塚)

Please share! ‚Sanriku Reconstruction Symposium‘ held at the National Institution for Youth Education National Olympics Memorial Youth Center on 5 Sep 2014 and at The Goethe Institution in Akasaka on 6 Sep 2014 in Tokyo.

Hiroko Otsuka will talk about: ‚Live Together With The Sea – The Seawalls, Education and Intercultural Communication‘ – The role of education and ‚intercultural‘ communication in post-disaster Kesennuma, my hometown, from the view point of a teacher, a mother and an ordinary global citizen whose survived family and townspeople are being challenged by the issues of giant concrete seawalls, disaster risk and reconstruction of sustainable future.

Please come and give us your opinion, especially if you are interested in giving voices to those who often do not have, like women, children and victims of disasters?

 

Im Rahmen der 2. Deutsch-Japanischen Summer School DJSF Sanriku Fukkou findet am 5. 9. in Yoyogi, NYC, und am 6.9. im Goethe Institut in Akasaka das 2. Symposium zum Wiederaufbau an der Sanriku‬ Küste statt. Wie sieht es dreieinhalb Jahre nach der‪ großen Tsunami Katastrophe‬ aus? Am 5. September ist u.a. an Beispielen aus Kesennuma: Shibitachi und Koizumi‬ Bucht, der Schwerpunkt auf resiliente Planungen mit Perspektiven auf einen Wiederaufbau und ein Leben im Einklang mit der Natur gelegt. Wichtig ist, wieder Kraft und Identität zu erlangen. Hier spielen überlieferte Traditionen, Shintoriten, Matsuri, Tänze, Volkskunde und überlieferte Kenntnisse vom Leben mit Wald, Meer und Küste in Einklang mit der Natur.

Gerade die Koizumi Bucht ist international in den Medien bekannt geworden, da hier eine 90 m breite und 14,7 m hohe Betonmauer errichtet werden soll, die den nach dem Tsunami übrig gebliebenen gesamten Sandstrand bedecken wird.

Am 6.9. beschäftigen wir uns mit der aktuellen Politik in Japan, das Verhältnis zu China und Deutschland, und ob es ein Umdenken in der japanischen Gesellschaft in Bezug auf zukünftige Energiepolitik gegeben hat, sowie den Strukturen in Politik und Bauindustrie.

Bitte besuchen Sie das Symposium in Yoyogi, NYC und im Goethe Institut, Akasaka

Anfahrtsbeschreibung:

National Institution for Youth Education National Olympics Memorial Youth Center (NYC)
3-1. Yoyogi Kamizono-cho, Shibuya-ku, Tokyo 151-0052 JAPAN
TEL.+81-3-3467-7201(General number)

Goethe Institut, Tokyo

Adresse: 7 Chome-5-56 Akasaka, Minato, Tokyo, Japan

Telefon:+81 3-3584-3201

Link

Luftaufnahmen der zerstörten Küstenstädte in Tohoku

復興庁は5月9日、震災直後からの復興の状況を示す基礎資料の1つとして「空から見る復興の状況」を整理・公表しました。

写真は撮影地点一覧と、比較写真の例(大船渡市・大船渡駅周辺地区と、陸前高田市・高田地区)

『空から見る復興の状況(2014年3月31日)』
復興庁・2014年5月9日公表(PDF):

Betonwälle – 14,5 m hoch – geplant als Küstenschutz

Bild

Betonwälle - 14,5 m hoch - geplant als Küstenschutz

Planungen zum Küstenschutz in Kesennuma, Rikuzentakata, Otuchi und Taro:

‪#‎Japan‬ – ‪#‎Erkundung‬ von ‪#‎Tokyo‬ und ‪#‎Tohoku‬:
Während der 2. ‪#‎Deutschjapanischen‬ ‪#‎Summerschool‬ ‪#‎Sanrikufukkou‬ werden wir vom 7.9. bis zum 15.9. die Städte ‪#‎Kesennuma‬, ‪#‎Rikuzentakata‬, ‪#‎Otsuchi‬ und ‪#‎Taro‬ besuchen und mit Wissenschaftlern, Politikern, Behörden und Betroffenen über die Pläne und Umsetzungen der geplanten ‪#‎Betonwälle‬ – teilweise bis 14,7 m hoch sprechen. An einigen Orten waren die Proteste gegen diese Planungen so erfolgreich, dass nun neu geplant werden kann. In Rikuzentakta und Taro werden bereits Berge abgetragen, zum einen um dort Baugelände zu gewinnen und neue Wohnanlagen zu bauen, zum anderen, um das Bodenniveau an der Küste anzuheben.

Link

 wissenschaftliche Überlegungen zum Küstenschutz

Ein Artikel von  Associate Professor Yokoyama Katsuhide, Tokyo Metropolitan University

Vom 7. bis 9. September werden wir an der Sanriku Küste mehrere Buchten und Strände in Kesennuma und Rikuzentakata besichtigen und mit Wissenschaftlern, Studenten und Jugendlichen vor Ort über weitere Planungen zum Küstenschutz und „Leben mit dem Meer“ diskutieren.